レギュラーコーヒーの
おいしい淹れ方

カップに注がれる、幸福の時間。
深くやわらかな香り、じっくりと心にしみるほろ苦さ。
さあ、おいしいコーヒーを淹れましょう。

あなたはどんなコーヒーがお好みでしょうか?
今度の休日には、新しいコーヒー豆を買いに出かけませんか?
そしていつもと違う種類のものを選んでみてはいかがでしょう。

新しい器具を買って、違った淹れ方を試してみるのも楽しいですよ。

淹れ方のポイント

ペーパードリップ式

はじめての人でも簡単に本格コーヒーをいれることができます。

ペーバーフィルターは、簡単かつ清潔であることも、ペーパードリップ式のメリットです。

ドリッパーには、1つ穴式と3つ穴式とがあります。
抽出する速度が違ってきますので、器具にあった湯の注ぎ方をしましょう。

  1. 器具とコーヒーカップをあらかじめあたためておく。
  2. ペーパーフィルターのシール目を交互に折り曲げ、ドリッパーにセットする。
  3. 定量分の粉(1杯あたり10~13g)を計量カップなどで計って入れる。ティースプーンなら山盛り3杯が10g。
  4. 沸騰した湯を少し落ち着かせてから、粉全体にゆきわたるように、少しずつゆっくりと注ぎ、蒸らす。
  5. 粉が膨張したら、泡が消えないうちに、1回または数回に分けて湯を注ぐ。
  6. コーヒーがポットに落ちれば出来上がり。

ネルドリップ式

ネルのこし袋に粉を入れ、上から湯を注いでコーヒー液を抽出する方法で、コクのあるおいしいコーヒーがたてられます。

【ワンポイント】
抽出を終えたネル袋は、洗剤を使わずによく水洗いし、袋全体を水に浸して冷蔵庫で保管します。これは、乾燥すると布に付着しているコーヒーの脂肪分が酸化して悪臭を放ってくるのを防ぐためです。

  1. ネルは水でよく洗ってから、よく絞って水気をとる。(新品のネルは、煮沸して布についたノリ気を完全にとる。)
  2. ネルをポットにセットし、定量分の粉(1人分10~13g)を入れる。
  3. 沸騰した湯を少し落ち着かせてから、粉全体にゆきわたらせるように、少しずつゆっくりと注ぎ、蒸らす。
  4. 2分半~3分で終わらせるよう、5~6回に分けて注ぐ。

サイフォン式

空気圧を利用した抽出法です。香り高いコーヒーが出来上がるプロセスも楽しめます。

【ワンポイント】
ロートを持って、左右に少し傾ければ、空気がフラスコに入り、簡単にロートが引き抜けます。

  1. ロートにフィルターを固定させ、コーヒーの粉を定量分(1人分10~13g)計って入れる。
  2. フラスコに人数分の2割増し程度の湯を入れる。
  3. フラスコは必ず外側の水滴をよく拭き取ってから火にかける。
  4. フラスコの湯がロートに上がりきったら、竹べらで湯とコーヒーを軽くまぜあわせる。
  5. 火を消してから30秒くらいで、フィルターにこされたコーヒーが下のフラスコにおりてきて、出来上がり。